思っていたより人生は長い

京都在住。走ったり、本を読んだりする日々の雑記。

ブログ開始にあたって

 ブログを始めてみようと思い立った。きっかけはいくつかあるが、それはまたの機会にふれたい。

 

 

ブログ開設についての思い

 断片的な思考をまとめるために文章を書いてみたい、という思いをずっともっていた。しかし、実行するのはなんとなく避けていた。


 なぜ避けていたのか。理由はいくつもあるが、最大の理由は、面倒だったということだろう。文章を書いたりまとめたりすることは、おそろしく時間がかかるのはなんとなく分かる。ブログを継続している人、特に長文をまとめている人は心底すごいと思う。だが、こうして自分でもブログを開設してみようと思ったわけである。少しでも人様に読んでもらえるよう、頑張っていきたい。

 

ブログのテーマ

 テーマは、走ることと、読書が中心の雑記になるだろう。

 

 走り始めて8年ぐらいだろうか。走るようになって感じたこと、学んだことは多いし、生きがいの一つになった。それまで継続的に運動したことはなかったし、学生時代は体育の時間となると憂鬱になる方の人間だった。それが今では走ることを中心に生活リズムを組み立てているぐらい、自分の中では重要な趣味になった。記録的にはたいしたランナーではないし、トレーニング方法について語れるようなランナーでもない。走ることの楽しさ、やりがい、自分の体験を書いていき、あまり走ったことのない人、走ってみようかなと思っている人の後押しができれば、と思う。 

 

 読書は幼少のころから好きだった。子どもの頃は本を読むだけで楽しかったし、今もそれは基本的に変わらない。ただ、読んだらそれでおしまいという、その場限りの読書である。小中高は小説が主だったし、大学時代は綾辻行人に始まり、ひたすらミステリを読んでいて、娯楽が目的の読書だったというのもある。その流れからか、実用書や教養のための本でもただ読むだけになってしまい、読書記録はとっていないし、メモさえもとっていない。たくさん読んでも、何も身についていないと数年来感じていた。


 この場で本の内容をまとめたり紹介したりする中で、自分の中に内容が定着したり、理解が進んだりするのではないかと期待している。

とりあえずの目標

 始めたばかりでどうなることか自分でもさっぱり分からないが、まずは1週間、生活の中でブログ更新を最優先にすえて、最低1000文字の記事を毎日アップしていくつもりである。

 

 その後は1週間たってからのことだが、なんとか1か月は毎日ではなくともまがりなりにも続けていきたいところだ。

 

 削ったり入れたりしてこれでやっと1000文字ちょっと。自分にとっては量がやや多いかな、というところ。頑張りがいがありそうだ。