思っていたより人生は長い

京都在住。走ったり、本を読んだりする日々の雑記。

ブログを始めて1週間の変化

 ブログを開始して1週間。毎日1000字以上の記事を更新するという目標は達成できた。読書記録などは引用ばかりで、それで1000字越えても、という気がしないでもないが今回は目をつぶる。

 今日はこの1週間を振り返って、その変化を整理してみる。

 

 


①ネタになるものはないか、気にするようになった

 これもしかしたら面白いのかも、とか、何かネタがないか、と何気ない日常にもアンテナを張るようになった。今のところ、まだ実際にそれが記事につながってはいないのだが、今までは気にしなかったようなことを立ち止まって考えてみたり、気を配れるようになったことで、生活にメリハリができたと、感じている。


②メモができるようになった

 ちょうどメモを習慣づけていこうと思っていたタイミングだったというのもあるが、このメモがブログにつながっていくのかも、という期待もあり、はかどっている。

 それまでは何かにつながればいいな、ぐらいの気だったのが、ブログにつながるかもと思うとメモすること自体が楽しくなってくる。

 自分の頭を信用しちゃいけないと自分に言い聞かせ、それをカバーするためにメモしようと心がけてはいたのだが、行動が伴っていなかった。ついつい覚えておこうと思い、そして忘れるということを繰り返してきたのだが、ずいぶん改善されてきた。

③睡眠時間が減った

 こう書くと、熱心にブログを書いている、と思われてしまいかねないが、決してそういうことではない。

 学生時代に試験が控えているのに急に掃除をしてみたり、それまで見向きもしなかった本を読んでしまったりしたことはないだろうか(あの行動って何か名前がついていたりしないんでしょうか)。後になって激しく後悔してしまう時間の使い方をしてしまっているわけである。

 今回でいうと、ブログとは何の関係ないことを調べてみたり、まとめ記事を読んだり、思い立ってタイピングの練習をしてみたり。

 その分、ブログを書き始めるのが遅くなる→寝るのが遅くなるという流れに陥ってしまった。1週間はブログを最優先して頑張るなんてことを思っていたのだが・・・

おわりに

 ①、②は好ましい変化で、想定内のことだったが、③は完全に想定外である。しかしこれもやってみないと分からなかったこと。いろんな試行錯誤の中で、改善していけばいいわけだし、とりあえず1週間続けられたことはに満足している。

 それ以降のことは1週間たってから考える、などと考えていたが1000字以上というのは今後も最低限のレベルとして続けていきたい。そしてもっと長い記事にも挑戦していこう。