思っていたより人生は長い

京都在住。走ったり、本を読んだりする日々の雑記。

5月の振り返りと6月の予定

 

 

5月の振り返り

【日数】23日
【距離】250.01km
【最長距離】24.31km
【20キロ越え】3回
【ポイント練習】ビルドアップ走3回、ガチユル走2回

 

 5時起床、朝に1時間のランという生活を意識しているが、5月は安定して実行できた。妙に区切りのいい走行距離なので計算したように見えるが、たまたまである。

 大会がしばらくないので、疲れを感じたら休み、でもできる限り走った方がいいかな、ぐらいの軽い気持ちでスタートした。しかし、疲れてるけど走ってみようと思うことが何度かあったので、走った日数は多め。

 どういうわけか、4月の半ばから5月の半ばまで、2・3月のジョギングペースで走ると呼吸がつらく、走り始めてすぐに中断せざるをえず、予定していたよりも短い距離しか走れなかった。ついついスタートから以前と同様のスピードで走り出そうとする気持ちを抑えつつ、自分の力はこの程度なんだから、地道に積み上げていこうと自分に言い聞かせてゆっくり走ったり、また、ガチユル走を試したりしているうちに最近やっと少し調子が戻ってきたかな、というところだったので、回数の割に距離は短め。

 しかも、ほとんどがジョギングペースで、ペースを上げて走ったのは15km程度。

 

 総合して、月間走行距離としては不満はないが、密度はイマイチだったかな、というところ。

 

6月の予定

 月間走行距離としては、そもそもどれぐらい走るべきか分からないが、走るに越したことはないのかな、と思う。

 日常生活での運動量があまりにも少ないのだ。自宅から職場への往復はバイク、仕事はデスクワーク、走る以外の運動の習慣はない。走らなければ1日4,000歩程度しか歩いていない。

 階段上り下りをトレーニングの一環として行おうにも、そもそも普段の行動範囲に階段がない。

 しかし、今月はあまり月間走行距離は意識せず、密度を少し濃くしていこうかと思う。最初の大会は11月だし、あまりに早くから頑張ると息切れしてしまう。本格的なトレーニングは8月からと思っているので、それまでにゆっくりでも30km走れるようになることと、8月以降に負荷をかけられるように刺激を入れていくことが必要だ。

 

 具体的には5月に取り入れたガチユル走の継続と、インターバル走の導入だ。

 ガチユル走は3回ほど試したばかり。1㎞×2とはいえ全力で走るのはつらいが、2回だけと思うと気軽に始めることができるし、充実感も大きい。また、スピード練習はこんな感じでやっていけばいいのかな、という感覚が育ちつつある。

 インターバル走は苦手だということは以前述べた。 

taka-negi.hatenablog.com

 

 ガチユル走のおかげでその意識が少し薄れつつある。昨年はうまく取り組めなかったので、本格的なトレーニング時期にインターバル走を行っていく前準備として今月は気軽な気持ちで始めていきたい。