思っていたより人生は長い

京都在住。走ったり、本を読んだりする日々の雑記。

日曜の30㎞走

 昨日に30㎞走ろうと頑張った。

 4月の半ばから、毎週日曜日は長い時間・距離を走る日にあて、少しずつ走る時間・距離を伸ばしている。そして、先週の時点で2時間35分、27㎞弱まで到達した。今回は3時間、30㎞を目指して、走りきった。

 家を出かけるまでにウダウダしてしまい、出かけるのが遅くなってしまった。サッと出かけて、午前中のうちに走り終わっておいたらいいのだが、長く走ると思うとついつい先延ばしにしてしまう。幸い、昼間とはいえ、風が冷たく気温もそこまで上がらなかったので走りやすかった。

 

 先週に同様、ガチユル走にLSDをくっつける感じで走る。多少の疲れがあり、長い距離を走ることもあって「ガチ」な部分は抑え気味で。「ガチ」走を入れるようになって、普段もムリのないフォームで走れるようになった気がしないでもない。あくまでも気がする、程度のものだ。

 トータル平均1㎞6分程度の予定で、スピード的には問題なく、ほぼその通りに走り切れた。呼吸はさほどつらくなく、ムリなく走れるペースなので、足がもつかどうかの問題だが、余力を残して走ることができた。30㎞を余力をもって走れるなら、フルマラソンはムリなく完走できるだろう。ただ、昨日は30㎞の予定だったのでそこからさらに12.195㎞走る気にはなれない。

 


 いつもは河川敷を走っているが、刺激を求めていつもと違う道、しかも通ったことのない道を走ってみた。走る前にだいたいの方角、道を調べて、15㎞行ったところで折り返す。ぐるりと回って帰ってくるコースを設定したり、どこか目的地を決めたりしたかったのだが、手頃な距離のものを見つけられなかったので、特に目印らしい目印のないところで折り返した。唯一いいことは、折り返しだと帰り道の上り下りがある程度分かるので、多少心の準備ができることか。

 

 行きに気になるテイクアウトの店を発見し、折り返した帰りに手持ちのお金(500円)で缶コーヒーと買えるだけのものを買い、食べた。ちょうどいい休憩になった。こういうことは見知らぬ土地を走ることの醍醐味だろう。

 河川敷と違い、信号があるので止まることもある。前半はたまたま通り抜けられることが多かったが、後半は休憩も兼ねて止まる。そのおかげで呼吸を整えることができた。ムリのないペーストはいえ、今の時点では20㎞をこえるとつらくなるようだ。

 

 多少の足の張りと疲れがあり、今日は走る気にはなれなかった。とりあえず30㎞行けたので、来週は少し落としてもいいかな。